【プライオリティパスが使える】フィレンツェ空港のラウンジ

フィレンツェ空港のプライオリティパスが使えるラウンジイタリアの観光記録

イタリアのフィレンツェを観光するなら絶対に利用するフィレンチェ・ペレトラ空港。
空港自体は小さいものの立派な国際空港として機能しています。

フィレンチェ空港にあるラウンジは「VIP Club Lounge」だけ。
ただし、このラウンジもプライオリティパスが使えます。

イタリアの祝日にラウンジを利用しましたが、とても空いていて、非常に落ち着ける空間でした!

フィレンツェ・ペレトラ空港にあるラウンジ「VIP Club Lounge」

フィレンツェ空港には「VIP Club Lounge」しかありません。航空会社が自社のビジネスクラス利用客向けに提供するラウンジも含めてです。

利用対象が公表されていないものの、プライオリティパスを持っている人は無料で使うことができる他、ダイナースクラブ会員も無料で入れます。

空港ラウンジ「VIP Club Lounge」の基本情報

ラウンジへの行き方や営業時間などを紹介します。
(2022年11月時点の情報です)

場所・行き方

「VIP Club Lounge」はフィレンツェ空港の荷物検査、セキュリティチェックを終えた後の出発エリアにあります。

ラウンジの場所は、免税店コーナーを超えて、ゲートに向かう通路の前です。空港の至るところに案内板が出ていますので、迷うことはないと思います。

なお、空港ラウンジはイタリア語で「Sala VIP」です。

フィレンチェ空港にあるラウンジへの案内板

営業時間

「VIP Club Lounge」は毎日営業。朝早くからオープンしているので非常に助かります。
プライオリティパスのラウンジ情報では「午前5時〜午後3時」となっていましたが、2022年11月現在、午後8時まで営業していました。

  • 毎日営業、午前5時〜午後8時

利用料金

「VIP Club Lounge」は有料ラウンジとして提供されていません。
プライオリティパス等の提携カード保持者と一部の提携航空会社の利用客しか使えないようです。

ラウンジの利用条件

  • 4歳未満の子どもは入室無料
  • プライオリティパス1枚につき同伴者1名が行ける模様(※)
  • アルコール飲料あり
(※)プライオリティパスのラウンジ情報には同伴者の上限に関して記載されていません。少なくとも私が利用したときは妻も入室することができました。
ちなみにプライオリティパスのページでは「Masaccio Lounge」と紹介されていますが、正式名称は「VIP Club Lounge」です。

プライオリティパスの他、ダイナースクラブも使える

こちらの「VIP Club Lounge」はプライオリティパスの他にもダイナースクラブの会員も使えます。
(2022年11月時点)

私は楽天カードに付帯しているプライオリティパスを使って入室しました。

https://economize-life.net/rakutencard/
https://economize-life.net/black-card/

フィレンツェ空港のラウンジを利用した感想

今回はイタリアの祝日に利用しました。

祝日だったので、混雑によるラウンジの入室制限があるかと思いきや、中はガラガラでした。

ラウンジは思ったよりも広い

「VIP Club Lounge」の中は思ったよりも広かったです。しかも休日に利用したのに中はガラガラ。

空港ラウンジは混雑による入室制限が行われることがありますが、こちらのラウンジでは滅多に入室制限がされることはなさそうでした。

ペローニを含むアルコールが無料で飲める

イタリアのビールと言えば「ペローニ」。
絶妙な苦味と柑橘系のスパイシーな香りがする爽やかなプレミアムビールです。

こちらのラウンジでは無料でペローニを含むアルコール飲料を飲むことができます。

写真には写っていませんが、ビールの他にワインも提供されていました。

食べやすいサイズのパニーノが美味しい

イタリア料理の軽食といえば「パニーノ」です。
パンで具材を挟んだイタリアのサンドイッチです。

こちらのラウンジでは食べやすいサイズのパニーノが所狭しと並べられていました。
一口では難しくて3口サイズぐらいですが、小さいので、複数のパニーノを味わうことができます。

ラウンジ内にトイレもあり

「VIP Club Lounge」の中にトレイもありました。
一方でシャワーの提供はないようです。

日本のトイレに慣れきってるせいか、海外のトイレって汚れている所が多いですよね。その点、空港ラウンジはどこもトイレが清潔に保たれていて助かります。

フィレンツェ空港のラウンジのトイレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました