ミュンヘンの市民プール系おすすめサウナ:Südbad

ドイツのミュンヘンにあるサウナSüdbadドイツのサウナ

[PR]記事内に広告を含む場合があります

ドイツのミュンヘンにある市民プール系のサウナ「Südbad」は、リーズナブルで本格的なドイツのサウナ体験が楽しめる施設。

ミュンヘンには多くの市民プールがありますが、Südbad(ズートバート)は南部エリアに位置しており、地元民にも評判のスポットです。

今回は、Südbad(ズートバート)の魅力や施設情報、アクセス、私のサウナ体験記を紹介します。ミュンヘンで南部エリアに滞在する際はぜひこの素晴らしいサウナ施設を訪れて、心身ともにリフレッシュしてください!

  • ドイツの市民プールなので、サウナ利用料金が比較的安い!
  • サウナは3つでアウフグースも受けられるドイツ本場仕様!
  • 最も人が少ない平日の日中に訪れるのがおすすめ!

ミュンヘンの市民プール系サウナ「sudbad」の基本情報

Südbad(ズートバート)の場所や行き方、営業時間、利用料金などを紹介します。

なお、2023年3月時点の情報です。
訪問する際は施設の公式HPで最新の情報をご確認ください。

サウナの場所や行き方

住所:Valleystraße 37, 81371 München, Germany
(クリックするとGoogle Mapが開きます)

ミュンヘン中央駅から地下鉄U3線(Fürstenried West方面)に乗り、Implerstraße駅で下車。徒歩約5分の距離です。バス路線も利用可能です。

サウナの営業日・営業時間

サウナの営業日と営業時間
  • 営業時間:午前9時00分〜午後23時00分
  • 休業日:なし

ただし、木曜日は女性限定のレディースデーとなっています。

サウナの利用料金

サウナの利用料金
  • 通常の利用料金:€20
  • 夜料金:€15(19時45分以降の入場)

サウナは4時間制となっています。1時間超過する毎に追加料金として€5が発生します。ただ、こちらのサウナは3種類だけですし、4時間あれば十分に満足できます。

なお、オンライン予約はありません。当日受付で支払います。
なお、クレジットカードでの支払が可能です。

サウナの利用する時の持ち物

サウナを利用する時の持ち物
持ち物
  • バスタオル(身体を拭く用とサウナ室で使う用)
  • ビーチサンダル(施設内ではサンダルを履きます)
  • 身体を洗うためのシャワージェル等
  • 水分補給用のペットボトル飲料

バスタオルやバスローブのレンタルはありません。必ず持参しましょう。

なお、ドイツのサウナは男女混浴で裸で入ります。
従って、サウナ室内ででベンチに敷くための大きなバスタオルと最後に身体を拭くためのバスタオルの2枚が必要です。

ドイツではお尻だけでなく足下までバスタオルを敷くのがサウナのマナーです。
大きめのバスタオルを持っていくことをおすすめします!

また、ボディソープやシャンプーは用意されていないため持参してください。

サウナでは汗をたくさんかきます。
施設内にカフェがあるものの、水分補給用のペットボトル飲料を持っていくと良いと思います。

ミュンヘンのサウナ:Südbadのサウナ体験記

私がSüdbad(ズートバート)を訪れたのは2023年3月。
まだ外が寒い時期だったので、アウフグース後の外気浴が最高でした!

サウナ施設の様子

私たちはNYX Munichホテルに宿泊したので、53番バスを使って、Am Harras駅から徒歩3分でした。

Südbadは住宅街の中にあり、周りはマンションなどが立ち並んでいました。
建物の外観はいかにも市民プールという感じです!

ミュンヘンの市民プール系サウナSüdbadの建物外観
ミュンヘンの市民プール系サウナSüdbadの建物外観

平日のお昼に訪れたので、施設内はとても空いていました。
口コミを見ると休日は地元の常連さんで混雑しているそうです。

ドイツの市民プール系サウナは平日の昼間に行くのが絶対におすすめです!

私達はサウナエリアにずっといましたが、もちろんプールも用意されています。
サウナの利用料金にプールも含まれていますので、プールで泳いだ後にサウナでスッキリするといった使い方もできます。

ミュンヘンの市民プール系サウナSüdbadのプールエリア(出典:SWM/Robert Götzfried)

3種類のサウナが楽しめる

Südbad(ズートバート)のサウナは3つ。
うち1つがスチームサウナです。

スチームサウナでは午前11時30分と午後6時30分にスクラブ用の塩が配布されます。ドアの前に置かれていて30分ぐらいで回収されてしまうのでお忘れなく!

サウナの種類
  • フィンランド式サウナ(約92度)
  • サウリウムサウナ(約60度)
  • スチームサウナ(約45度)

アウフグースは1時間毎

アウフグース

ドイツといえばアウフグースです。

市民プールのサウナでもアウフグースが受けられるなんて、さすがアウフグースの本場ドイツです。前述のフィンランド式サウナで1時間毎に開催されています。

音楽もなく至って普通のアウフグースでしたが、体感温度が急上昇してたくさん汗をかくことができました。

私が訪れた平日の日中は人が少なかったこともあり、寝サウナでアウフグースを受けている人も(汗)。なんて贅沢なアウフグースの受け方なんでしょう(笑)。

水風呂や休憩スペースあり

水風呂、プランジプール

アウフグースで身体が熱々になった後は、サウナ室の隣りにあるシャワーで汗を流して水風呂へ。

水風呂の温度は15度に設定されていて丁度よいクーリングでした。

sudbadで嬉しい誤算だったのは野外テラスで外気浴ができたこと。
奥の休憩スペースから野外テラスに出ることができ、涼しい風を受けられました。

私が訪れた3月はまだ気温も10度を下回っていて、火照った身体に冷たい風がとても気持ちよかったです。

総評:Sudbadは市民プールだからと侮れない!

リーズナブルな価格で本格的なドイツサウナが楽しめるミュンヘンの市民プール系サウナ「Sudbad」は、近くのホテルに宿泊した時はぜひ訪れたいスポットです。

特に平日の昼間ならとてもリラックして時間を過ごせること間違いなしです。アウフグースの体験や、外気浴を楽しむことができるベランダなど、ドイツサウナならではの魅力が詰まっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました