ロンドンおすすめサウナ:ロシア式サウナ「The Bath House」

イギリスのサウナ

[PR]記事内に広告を含む場合があります

ロンドンでのおすすめサウナです。
今回はロシア式バーニャ「The Bath House(ザ・バスハウス)」をご紹介します。何度か訪れていますが、熱々のサウナと冷えたプールの温度差が素晴らしい最高のサウナ施設の1つです。

場所はロンドン中心部ヴィクトリア駅から徒歩5分の好立地!バスタオルやビーチサンダルは無料でレンタルできますので、観光客にもおすすめです。

下記のような質問に答えられるような個人ブログ記事を目指して書いています。少しでも参考になりましたら幸いです。

  • 持ち物は?水着は必要?
  • ロウリュはできるの?
  • おすすめポイントは?
  • 水風呂の温度は?
  • 外気浴はできる?
  • 整える?

なお、イギリスにあるサウナ施設を下の記事に纏めております。

イギリス:ロンドンのオススメのサウナとスパ施設の開拓記録!
イギリスのロンドンにあるオススメのサウナとスパ施設。 ヘビーサウナーも楽しめる激アツ施設を紹介しています。

ロンドン在住者におすすめのロシア式バーニャ「The Bath House」

まずは、ロシア式バーニャ「The Bath House」の場所や行き方、営業時間、利用料金などを紹介します。なお、2023年1月時点の情報です。訪れる際は最新の情報を公式HPよりご確認ください。

 場所・住所

住所:1 Grosvenor Gardens, London SW1W 0BD
(クリックするとGoogle Mapが開きます)

建物の入口はこんな感じです。

え?ここ本当にサウナ施設!?と思ってしまうぐらい外観からは想像できません。左下にある「The Bath House」の看板が目印ですので、見過ごすことのないようにお気をつけください。

2024年最新ガイド:クレジットカードで乗るロンドン地下鉄
コンタクトレス決済(タッチ決済)に対応したクレジットカードやスマホがあればオイスターカードは購入不要です。 ロンドン地下鉄の路線図マップ、乗車料金、アプリ、乗車から降車まで解説します。
2023年ロンドンのバスの乗り方から降り方まで、料金を解説
ロンドンのバスは前方から乗り、後方から降ります。現金支払いはできません。コンタクトレス決済(タッチ決済)に対応したクレジットカードかオイスターカードが必要です。

営業日・営業時間

原則として、毎日営業です。但し、火曜日は男性だけ、木曜日は女性だけの日となっています。

営業時間は日曜日を除き午前10時〜午後11時、日曜日は午前10時〜午後10時です。

なお、臨時休業や営業時間が変更となることがありますので、必ず公式HPでの確認をお願いいたします。

持ち物は?水着やサンダルは必要?

水着やビーチサンダル

男女共通の日は水着の着用が必要です。一方で、男性オンリーや女性オンリーの日における水着の着用は任意となっています。

サンダルは受付でレンタルできますが、海外ではサンダルが必要なサウナ施設が一般的ですので、愛用のビーチサンダルを持参することをお勧めします。

事前に予約していきましょう

お金

こちらのサウナは事前に予約してから行きましょう。公式HPより予約が可能です。

コースは主に3パターンで、一番安いのはサウナだけ利用の2時間コースです。シラカバ等の枝葉を束ねたヴィヒタによるウィスキングやマッサージ等も行いたい場合は、それらも含まれたコースを選択します。

ちなみに一番安いサウナだけ利用の2時間コースは2023年1月時点で60ポンドです。日本人の感覚からすると「高いっ!」と思うかもしれませんが、海外のサウナ施設はどこも似たような利用料金です。

The Bath Houseはサウナも熱いし水風呂も冷たくて最高でした

ロンドンのサウナ記事は2つ目です。前回の記事でも「ロンドンのサウナは最高です!」と書きましたが、ここも例にもれず、素晴らしいサウナ施設でした。

お店より写真の許可をもらえましたので、いくつか写真付きでご紹介します。

え?ここサウナ本当にあるの!?って感じの内装

建物自体にも驚きましたが、内装も驚きです。

「本当にサウナがあるの?」と疑ってしまいます。元々は銀行だった建物を改装してサウナにしているそうです。どこかのレストランに間違えて入ってしまったのかと思うほど、おしゃれな内装です。

広々としていてストーブも大きいサウナ室

まずはサウナ室の紹介からです。

私が行ったのは休日の日曜日でしたが、広々としていて満員になることは一度もありませんでした。それどころか、寝そべっている人も多くいました。

日本のサウナはどこも人が多くてサウナ室も混雑していることが多いです。一方、「The Bath House」は休日でも落ち着いてゆっくりと入ることができます。

なお、The Bath Houseでは、受付で「シーツ」を渡されます。これをサウナベンチに敷いて、その上に座るのがマナーです。体と木が直接当たることのないようにお気をつけください。

The Bath Houseを訪れたら絶対に見てほしいのが「サウナストーブ」です。ここまで細かい彫刻がなされたサウナストーブを初めて見ました。神殿を思わせるようなデザインで、とってもおしゃれです。

なお、サウナストーンもしっかりと敷き詰められていて、とってもパワフルです。サウナストーブに水をかけると、素晴らしい熱波を感じられました。

私の時は水を3回くらいかけるだけでアッチアチ!サウナハットなしでは、ちょっと厳しいと思うほどの熱さでした。サウナハットを持っていくことをお勧めします。

バケツシャワー!

サウナでしっかりと汗をかいた後は、シャワーを浴びて水風呂へ向かいましょう。

サウナ室を出ると目の前にシャワーがあります。しかもThe Bath Houseのシャワーはしっかりと冷えており、バケツシャワーも完備されています!

水風呂も温度が低く循環もしていて良い感じ

水風呂です。チラーが効いていてとっても冷えていました。水も循環しているようで清潔ですし、水流が熱い身体を急速にクールダウンしてくれます。

水着のままレストランで水分補給

水風呂を出たら身体を拭いてレストランで休憩しましょう。The Bath Houseではサウナ室とレストランが直結していて、着替える必要はありません。

レストランでは、水分補給はもちろんのこと、本格的な料理を食べることもできます。中にはビールを飲んでいる方も散見されます。日本ではサウナの前後のお酒はタブーとされているので新鮮な光景です。

ちなみにメニューは公式HPから見ることができます。

The Bath Houseのレストラン

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました