私が2年間で貯めた楽天ポイントは42万ポイント!最強の貯め方!

楽天カード

私が楽天カードを作って、楽天経済圏に支配されて2年が経過しました。

初めてクレジットカードを作ったのは大学生の時でした。それから社会人になったのをきっかけに楽天カードを作りましたが、はっきり言って、楽天カードはポイントの貯まり方が桁違いです。

楽天カードを作って貯めた楽天ポイントは2年間で42万ポイント

私が楽天カードを初めて作った2016年7月です。2016年7月から2019年6月までの2年間で、私が貯めた楽天ポイントは42万ポイント(=42万円分)でした。

楽天Point Clubのポイント画面

楽天Point Clubのポイント画面

この記事を執筆している2019年7月15日時点の楽天ポイントは13,470ポイントです。従って、実に41万ポイント(=41万円分)をキャッシュバック頂いて他の物を購入したりするのに使った計算となります。

もちろん楽天ポイントは現金として返ってくるわけではないので、「キャッシュバック」は正確ではありません。ですが、楽天ポイントはAmazonと肩を並べる通販サイトの楽天市場において、1ポイント=1円として使うことができます。

昔は楽天市場というと胡散臭いイメージがありましたが(私だけ?)、今の楽天市場はスーパーのSEIYUと提携して生鮮食品も扱うなど、大分商品も充実してきました。

従って、楽天ポイントがたくさん溜まるからといって使いきれない事態はまずあり得ません。

楽天ポイントは楽天市場の他にも、ホテルの予約サイトである楽天トラベルや携帯電話のキャリアである楽天モバイル等で支払う際に使うこともできます。

私がこの2年間で得た楽天ポイントは42万円分ですが、そのうち、41万ポイントを既に使っています。

私が実践した楽天ポイントを貯める方法

私が楽天ポイントを効率的に貯める際に実践した方法は次の4つです。

楽天ポイントを貯める方法はたくさんありますが、この4つは王道とも言える物です。楽天カードを入手して楽天ポイントを貯め始めたら、少なくともこの4つは必ず実践しましょう!

日用品はリアル店舗ではなく楽天市場で購入する

楽天ポイントを貯めるコツは、車や家といった大きなお買い物をする際に楽天を使うことではありません。

日々のお買い物をなるべく楽天市場で行うことが楽天ポイントを貯める1番の近道です。

楽天ポイントが溜まるサービスは様々なものがありますが、その中でも楽天市場は楽天ポイントを貯める上で別格です。

楽天カードを外のお店で使って得られる楽天ポイントなどたかが知れています。楽天カードを外のお店で使った場合のポイント還元率は通常は1%です。

つまり、100円を使って楽天ポイントを1ポイント得られる計算です。

仮にこの方法で40万ポイントを貯めようとすると、4,000万円分のクレジットカード決済を行う必要があります。

4,000万円分もクレジットカードで決済できる人は、ポイントなんて気にしないでしょう。私のようなサラリーマンにとってこの手段は非現実的です。

一方で、楽天市場でお買い物をすると簡単にポイントを貯めることができます。

例えば、私の場合だと、楽天市場でお買い物をするだけで、買物で決済した金額の6.5%が楽天ポイントとして付与されます。

どのくらい楽天ポイントが付くかは、どのくらい楽天サービスを使っているかによります。

例えば、楽天証券や楽天銀行、楽天モバイル、楽天カードを利用している人は、その分だけ楽天市場でお買い物をした時に、より多くの楽天ポイントが付与される仕組みになっています。

これが、私が冒頭で楽天経済圏に支配されていると説明した理由です。

6.5%がどれだけお得なのか分かり易く説明します。

40万ポイントを稼ぐのに必要な決済額は次のとおりです。

・ポイント還元率が1%の場合→4,000万円

・ポイント還元率が6.5%の場合→615万円

いかがでしょう。2年間で615万円の決済額であれば、十分可能なはずです。

楽天カードはダメ。楽天プレミアムカードを作る

クレジットカードは会員費無料のものしか選ばない!という主義の人が多いですが、それではいつまで経ってもポイントは貯まりません。

会員費無料のクレジットカードは所詮、その程度のサービスしか得られません。社会人であれば誰もが4〜5枚のクレジットカードを持つ時代です。

クレジットカード会社にとって大切なのは、会員費が有料のクレジットカードを持ってもらうことです。その為にクレジットカード会社は有料会員の方に対して様々なサービスを提供しています。

その際たるものが、クレジットカードのポイント還元率です。

年会費が無料の楽天カードの場合、楽天市場を利用した時のポイント還元率は1%です。

一方、楽天プレミアムカードの場合、楽天市場を利用した場合のポイント還元率は3%です。

全く違うわけです。楽天カードを作るなら楽天プレミアムカードを作りましょう。年会費等、すぐに元を取ることができます。

楽天でんきを活用する

楽天ポイントを貯める秘訣はわざわざ嗜好品を購入しなくても、言い換えれば無駄遣いをしなくても毎月一定の楽天ポイントが入ってくる体制を作ることです。

「無駄遣いをしない」とはどういうことでしょうか。

楽天ポイントはあくまで我々が 支払った金額に対して、付与されます。

であるならば、生活必需品や毎月支払わざるを得ないサービスを楽天グループの会社で利用するのがお得です。

例えば、誰もが暮らす上で、電気は欠かせません。であるならば、楽天でんきを利用するのも一つの手です。

楽天電気であれば、ポイントの還元率は2%です。更に、貯まったポイントを使って楽天でんきの支払いに充てることもできます。

引っ越しで新電力迷ったら楽天でんきと楽天カードに申し込みしよう

「町での楽天カードの月額ご利用分がポイント2倍」キャンペーン

これは必ず申し込みましょう。

毎月、楽天カードのサイト、もしくは楽天 Pointclubの会員ページから申し込みが必要ですが、必ず申し込むようにしましょう。

楽天市場で一定の額の買い物をすると、その月の楽天以外でのクレジットカード決済のポイント還元率が1%から2%に変わります。

これはかなりお得です。

携帯電話のキャリアを楽天モバイルに変更する

携帯電話を最近流行りの格安携帯に変えるなら、楽天モバイルに変更するのも一案です。

少なくともDocomoやAu、ソフトバンクを使っていた時の金額からは恐ろしいほど、毎月の携帯料金が下がります。

私の場合、それまで毎月7,000円近く支払っていた携帯料金が2,000円以下まで激減しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました