改悪続きの楽天ポイントでANAとJALマイルへの交換が可能に

楽天ポイントとANA、JALマイルの交換制度の解説記事タイトル画像楽天サービス

この記事は2022年9月に最新の情報へ更新しました。

私は貯まった楽天ポイントをANAマイルと交換して使っています。

楽天経済圏は楽天ポイントの付与ルールが改悪されることが多いですが、今年5月に発表された楽天ポイントの付与ルール変更はむしろ改善とも言えるべき内容でした。

楽天ポイントはANAマイルと交換しています!

私は基本的に貯めた楽天ポイントをANAマイルと交換しています。
楽天ポイント「1ポイント」に対してANAマイル「0.5マイル」のレートで交換できます

楽天1ポイント=ANA 0.5マイル

交換比率だけを見ると損している気分になりますが、航空会社のマイルは無料の航空券である「特典航空券」との交換を前提にすると、1マイルあたり4円以上の価値があります。

従って、この交換レートは「お得」です。私は、楽天ポイントはANAマイルに変えて、最終的に特典航空券と交換し、国内や海外を旅行する際に使っています。

楽天カードとANAスーパーフライヤーズカードという組み合わせ
クレジットカードを持つなら楽天プレミアムカード(楽天ブラックカード)とANAスーパーフライヤーズカードの組み合わせがいちばんお得です。

2022年5月から楽天ポイントとJALマイルの交換も可能になりました!

楽天ポイントとANAマイル、JALマイルの交換比率

2022年5月より楽天ポイントのJALマイルへの交換が可能になりました。
改悪ばかりの楽天ポイント制度においてはポイントルールの改善とも言えるべき発表です。

なお、楽天ポイントとJALマイルへの交換比率はANAマイルとの交換比率と同じです。

楽天1ポイント=JAL 0.5マイル

一度に交換できる楽天ポイントが増加!

あまり知られていませんが、1日あたりに交換できる楽天ポイント数が増えました

昔は、1日あたりのマイルへの交換可能ポイント数は1,000ポイントでした。
これが現在では1日あたり5,000ポイントまで楽天ポイントをマイルに交換申請できます

私は楽天経済圏のヘビーユーザーで、これまで貯めた楽天ポイントは91万ポイントになります。しかも海外旅行好きなので、楽天ポイントをガンガンANAマイルに交換して使っています。

昔は1,000ポイントしか交換できなかったので、毎日ちまちま作業してました。
しかし、これからは一気に5,000ポイントずつ交換できます。超朗報です。

楽天ポイントからANAマイルへの移行明細

【改悪?崩壊?】楽天経済圏を始めて5年経った私のポイ活
楽天経済圏はサービスが多様で楽天ポイントを貯めやすく使いやすい。 改悪が続くも大きなデメリットはなく、現状、他経済圏への乗り換え予定なし!

ANAマイルから楽天ポイントへの交換レートは改悪されました

昔は1万ANAマイルを1万楽天ポイントに交換できました

しかし、今回(2022年4月)のルール変更により、ANAマイルから楽天ポイントへの交換レートが改悪1万ANAマイルに対して8,000楽天ポイントの交換比率になりました。

ただ、私はそもそもANAマイルは特典航空券にして使う人なので、本制度改悪による影響はなしです。

JALマイルも1万JALマイルに対して8,000楽天ポイントに交換可能

今年5月からの楽天ポイントとJALマイルの相互交換開始により、JALマイルを楽天マイルに交換することも可能になりました。

交換レートはANAマイルと同様です。1万JALマイルを8,000楽天ポイントと交換することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました