楽天ポイントがお得すぎる。改悪されても5年間で91万円分も獲得

楽天サービス

ロンドン住まいに伴い、今後、楽天グループが提供するサービスを使う機会は減りそうです。

ただ、せっかくなので、これまで一体どのくらいの楽天ポイントを獲得したのか、調べてみました。

5年間で91万円分の楽天ポイントが還元されてた

楽天ポイントクラブにログインすると、トップページに累計獲得ポイントが表示されています。

マジか!

なんと、2017年から2022年までの5年間で91万ポイントも獲得していました(驚き!)

改悪が続く楽天ポイントですが、毎年のポイント還元は十分

この5年間、楽天ポイントはひたすら改悪が続きました。

昔は、楽天カードを使ってnanacoや水道代金を支払ってもポイント還元がありましたが、今は還元されません。

また、下のキャンペーンで還元されるポイント上限も昔は10,000ポイントだったのが、現在ではたったの1,000ポイントです。

こうしたポイント還元のルール改悪の歴史を踏まえると、最近のポイント還元は少ないのでは?と思い、年別の獲得ポイントも調べてみました。

獲得年楽天ポイント
2022年(〜4月まで)29,883ポイント
2021年180,032ポイント
2020年187,681ポイント
2019年152,960ポイント
2018年257,280ポイント
2017年104,720ポイント

意外と最近でも、かなりの楽天ポイントが還元されていました。

おそらく、1つ1つのポイント還元ルールは改悪されてきたものの、「楽天でんき」や「楽天モバイル」、「楽天ウォレット」、「楽天Pay」等の新しいサービスが次々と登場し、私も利用してきましたので、結果として、直近でも十分な楽天ポイントが還元されたものと思います。

楽天経済圏にどっぷりと浸かった、これまでの5年間

私が利用してきた楽天サービスを書き連ねてみると、8つのサービスと中々の数です(笑)

日常的に利用する殆どのネットサービスを楽天に頼っている状況でした。

  • 楽天カード(現在では楽天ブラックカードに成長)
  • 楽天でんき(東京電力よりも安くて助かりました)
  • 楽天トラベル(国内も海外も旅行は全て楽天トラベルで予約してました)
  • 楽天市場(昔はAmazonでしたが、直近では楽天市場に集約してました)
  • 楽天モバイル(月々1GBまでなら無料というのは大きいです)
  • 楽天Pay(QRコード決済が普及してから現金を持ち歩かなくなった)
  • 楽天証券(ぶっちゃけポイント投資しかしてません)
  • 楽天Kobo(電子書籍も楽天に集約です)
【最短】1年で楽天ブラックカードのインビテーションを取得した
2022年更新。ブラックカードを狙うなら、まずは楽天ブラックカードから始めてはどうでしょうか。私は楽天プレミアムカードを申し込んでたった1年でインビテーション(招待状)が届きました。短期間で取得できますし、驚異のポイントの高還元率、安い年会費。本当にオススメです。

楽天ポイントはANAマイルに変えることが多かった

たまった楽天ポイントは基本的にANAマイルに変えています。

下の通り、楽天ポイントからANAマイルへの交換比率は満足できるものではありません。

楽天1ポイント=ANA0.5マイル

ただ、航空会社のマイルは、特典航空券と交換することを前提にすれば、1マイルあたり4円以上の価値があります。

従って、交換比率が悪くてもANAマイルに変えて、最終的には特典航空券と交換するようにしていました。

楽天カードとANAスーパーフライヤーズカードという組み合わせ
クレジットカードを持つなら楽天プレミアムカード(楽天ブラックカード)とANAスーパーフライヤーズカードの組み合わせがいちばんお得です。

終わりに:楽天経済圏にはどっぷりと浸かりましょう

過去5年間でまさか91万ポイントも還元されていたとは・・・

楽天に限らず、あらゆるクレジットカード会社のポイント還元率はマイナス金利政策が続く中、改悪される傾向が続いています。

しかし、楽天であれば、日頃利用するサービスを楽天に集中させることで、結構な楽天ポイントの還元を期待することができます。

楽天カードを持っているなら、楽天市場でお買い物してるなら、楽天モバイルを契約しているなら、日常的に利用するサービスも楽天経済圏に寄せられないか、一度考えてみることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました