ウルトラワイドモニターを買ったら仕事の効率が爆上がりした

ウルトラワイドモニターのおすすめ記事タイトル画像生活の小ネタ

私は以前に仕事の作業効率を上げるためにウルトラワイドモニターを買ったものの、使いにくいと感じて4Kモニターに切り替えました。

それから5年経って、「やっぱり、仕事に使うならウルトラワイドモニターではないか?」と心変わりして、また34インチの曲面のウルトラワイドモニターを買いました。

そして、現在でもウルトラワイドモニターを継続して仕事に使っています。

ここでは、ウルトラワイドモニターが使いづらいと思って一度ギブアップした経験を踏まえて、ウルトラワイドモニターを買おうと思っている方へ、失敗しないように選ぶ際のポイントをお伝えします。

過去に仕事のためにウルトラワイドモニターを買って後悔した話

「仕事で使うならウルトラワイドモニターが最高!」と言っておきながら恐縮ですが、私は過去に一度、4Kモニターに切り替えていた時期があります。

理由は、ウルトラワイドモニターが使いにくいと感じたからです。

【デメリット】ウルトラワイドモニターを買うも使いにくいと後悔
私がウルトラワイドモニターを買って後悔した話を紹介します。 デメリットが大きく、使いにくいと感じて、4Kモニターに切り替えてしまいました。

しかし、最近になって当時使いにくいと感じた問題点がモニター自体にあったことや、モニターアームやモニターライトを使うことで解消できることが分かりました。

そのため、2022年6月になって、改めて34インチのウルトラワイドモニターを買い直しています。
今度は継続してウルトラワイドモニターを仕事用に使うことができています。

ウルトラワイドモニターが仕事の作業効率を瀑上げしてくれる理由

「ウルトラワイドモニターと4Kモニターのどっちが良いの?」と思っている方へ。
絶対に4Kモニターよりもウルトラワイドモニターの方がおすすめです。
仕事の作業効率が爆上がりすること間違いなしです。

4Kモニターとウルトラワイドモニターのどっちが良いの?
4Kモニターとウルトラワイドモニターを比較! 仕事や事務作業で使うならウルトラワイドモニターが断然おすすめです。

表示領域が広いから、1度に3つのアプリを開いて仕事ができる

ウルトラワイドモニターはアプリを横に3つ並べられて仕事に最適

ウルトラワイドモニターを仕事のためにおすすめする理由の1つは「横幅の広さ」です。

フルHDの普通のPCモニターや4Kのモニターではアプリを横に並べるのは2つが限界です。
ウルトラワイドモニターなら、アプリを3つ並べて作業できます。
わざわざアプリを切り替える必要がなくなるので、仕事の作業効率が爆上がりすること間違いなしです。

私の場合は、ノートPCのモニターも活用しているので、全部で4つのアプリを常時表示したまま作業しています。一度、この表示領域の広さに慣れてしまうと、昔のモニターには戻れません。

例えば、Webブラウザで情報収集しつつ、ワードやエクセルを開いて、仕事仲間とチャットするということができます。

ウルトラワイドモニターは目が疲れにくい

モニターを2台並べて使う

仕事のためにウルトラワイドモニターを買うなら、曲面型ディスプレイのものをおすすめします。
なぜなら、平面型に比べて目が疲れにくいからです。

日本の職場で一番多い作業スタイルはノートPCと外部モニターを並べて使う方法だそうです。

在宅ワークが広がる中、自宅でモニターを2つ並べて作業されている方も多いと思います。
私も以前は写真のようにノートPCと24インチのPCモニターを横に並べて使っていました。

ただ、このやり方は次の問題生じて目が疲れるため、辞めました。
仕事でPCを使う場合は長時間モニターを眺めることになるため、このやり方はおすすめできません。

  • 画面の大きさが異なるので、表示される文字の大きさが異なり目が疲れる。
  • 目と2台の画面の距離が異なるので、目が焦点距離を頻繁に調節し疲れる。
  • それぞれのモニターを見る時に首を振る必要があるため疲れる。

34インチの曲面型のウルトラワイドモニターでも安く購入できる

私がウルトラワイドモニターを仕事のために初めて購入した2016年当時は、10万円を超える価格でした。それが6年経った2022年現在では、10万以内でUSB Type-CによるPower Delivery(PD給電)にも対応した34インチのウルトラワイドモニターを買える時代になりました。

大型の液晶パネルそのものの値段が下がったことが大きな理由でしょうか。
この値段で34インチのウルトラワイドモニターを買えるなら「アリ」だと思います。

仕事に使うためにウルトラワイドモニターを買うなら注意したいポイント

過去の失敗を踏まえた、ウルトラワイドモニターを買う時のポイントについて説明します。

ウルトラワイドモニターのサイズは34インチがおすすめ

29インチと34インチのサイズ比較

ウルトラワイドモニターの主流は「29インチ」と「34インチ」です。
ただ、仕事に使うことを考えた場合、拘りがないなら「34」インチを強くおすすめします

29インチのウルトラワイドモニターの高さは、普通の24インチのPCモニターの高さしかありません。
加えて、後述する解像度の種類がフルHDしかないため、仕事や作業用途には向きません。

ウルトラワイドモニターは絶対に29インチよりも34インチ
34インチと29インチを比較して迷っている人は34インチを買うべきです。29インチのウルトラワイドモニターはデメリットしかありません。

解像度は作業領域の広いUWQHD(3440×1440)を選ぶべき

ウルトラワイドモニターの解像度の比較

仕事で使うなら、ウルトラワイドモニターの解像度は「UWQHD(3440×1440)」で決まりです。

上記画像から分かる通り、解像度がフルHD(2560×1080)のウルトラワイドモニターでは、作業領域が狭すぎます。

【ウルトラワイドモニターの解像度は大きく2種類】

  • WHD(ワイドフルHD):解像度は2560×1080
  • WQHD:解像度は3440×1440
ウルトラワイドモニターの解像度をまとめてみた
解像度別にウルトラワイドモニターをまとめました。 画面サイズは大きいですが、4Kのウルトラワイドモニターもあります。

平面ディスプレイよりも曲面ディスプレイ

曲面ディスプレイで生じる表示の歪み

仕事でウルトラワイドモニターを使うなら平面型ディスプレイよりも曲面型ディスプレイがおすすめです。
曲面型の方が明らかにモニターの端が見えやすいです。

「曲面型ディスプレイは直線が曲がって見えるので違和感を感じる」という口コミもよく拝見しますが、3日も使えば違和感はすぐになくなります。

デザイナーや設計者でない限りは、直線が多少曲がって見えた所で問題はありません。

光沢ディスプレイよりも非光沢ディスプレイのほうが仕事に適している

モニターへの映り込み

仕事に使うならウルトラワイドモニターの液晶は非光沢ディスプレイを選びましょう
光沢ディスプレイは光が反射しすぎてモニターが見えにくいです。

液晶パネルはIPS方式でもVA方式でも良い

液晶ディスプレイのIPS方式とVA方式の違い

ウルトラワイドモニターの液晶ディスプレイの方式は「IPS方式」と「VA方式」があります。
IPS方式は色の再現性が高く画質が良いとされている一方で、VA方式は黒の表示が得意とされています。

ただ、仕事で使うことを考えると、どちらでも問題なしです。

画像編集や映像編集の機会が多いならIPS方式のほうが幸せかもしれません。
ただ思ったほどの画質の違いはありません。

ご参考までにVA方式のウルトラワイドモニターを撮影したものを下に載せておきます。
黒色はVA方式のほうがきれいな上に明るい色も十分に綺麗に発色できています。

VA方式のウルトラワイドモニターでも発色は綺麗

USB Type-C PowerDelivery(PD給電)対応のモニターを買うべき

USB-C給電機能のついたウルトラワイドモニターがおすすめ

最近ではUSB Type-Cケーブル1本で映像出力とPCの充電が行えるPower Delivery(PD給電)機能の付いたウルトラワイドモニターが発売されています。

MacだけでなくWindowsでもUSB-Cケーブルで充電可能なノートPCが増えてきました。

これからウルトラワイドモニターを購入される方はUSB-C給電機能のついたウルトラワイドモニターをおすすめします。

机の周りがすっきりするので作業に没頭できます。

仕事の作業効率が向上するウルトラワイドモニター用のアクセサリー

ここでは、仕事でウルトラワイドモニターを使うことを前提に、作業効率の爆上がり間違い無しのアクセサリー製品を紹介していきます。

机の奥行きが心配ならモニターアームがおすすめ

PCデスクにウルトラワイドモニターを置いた時の様子

「ウルトラワイドモニターを買いたいけど机の奥行きが心配」という方は、モニターアームの導入をおすすめします。

ウルトラワイドモニターは普通のPCモニターに比べて、台座が大きいため画面が前に飛び出ます。
机の後ろからモニターまでの幅は大体20cmぐらいになります。
(上記写真の机は奥行き60cmです)

この奥行きの問題は、モニターアームを導入することで解決できます。

ウルトラワイドモニターはモニターアームがおすすめ!
机のスペースが狭い人こそモニターアームをおすすめしたい! ウルトラワイドモニターは、顔とモニターの距離確保のため、机の奥行きが必須です。

デスクライトとモニターの画面が被る

ライトは画面の邪魔

34インチのウルトラワイドモニターの幅は80cmぐらいです。
従って、私のように横幅100cmのPCデスクを使っているとデスクライトがモニターに被ったり、光が画面で反射したりして、当初は使いにくさを感じました。

しかし、モニターライトを導入した所、光の反射も起きず、机もスッキリして使いやすくなりました。

おすすめ!Benqモニターライト高いからQuntis買った
ウルトラワイドモニターにQuntis製のモニターライトを付けてます。安いし湾曲モニターにも使えておすすめです。

仕事に使うウルトラワイドモニターのおすすめ3選

最後に私がおすすめするウルトラワイドモニターを3つご紹介します。
いずれもUSB Type-Cによる映像出力とPC充電が同時にできる最新型のウルトラワイドモニターです。

HP M34D 34インチ USB-C給電対応ディスプレイ

HP M34dレビュー:コスパ最強のウルトラワイドモニター
ほぼ5万円のコスパ最強のウルトラワイドモニター「HP M34d」。 スピーカーの音質は微妙だがUSB Type-CによるPD給電対応

私が今現在愛用しているHP社のウルトラワイドモニターです。
【商品紹介ページ】HP M34D 34インチウルトラワイドモニター

  • 解像度:WQHD(3440×1440)
  • 曲面型ディスプレイ
  • 非光沢(アンチグレア)
  • 液晶パネル:VA方式
  • リフレッシュレート:100Hz
  • 最大応答速度:5ms
  • ローブルーライトモード
  • 1本のUSB-Type Cケーブルで電源供給(65W)と映像出力

Dell S3423DWC 34インチ 曲面USB-Cモニター

  • 解像度:WQHD(3440×1440)
  • 曲面型ディスプレイ
  • 非光沢(アンチグレア)
  • 液晶パネル:VA方式
  • リフレッシュレート:100Hz
  • ブルーライトフィルター
  • 1本のUSB-Cケーブルで電源供給(65W)と映像・データ転送が可

LG 34インチ曲面ウルトラワイドモニター

液晶モニターといえばLGというほど、液晶モニターの世界最強ブランドです。
私が以前使っていたウルトラワイドモニターはLG社のものでした。

  • 解像度:WQHD(3440×1440)
  • 曲面型ディスプレイ
  • 非光沢(アンチグレア)
  • 液晶パネル:IPS方式
  • 1本のUSB Type-Cケーブルで電源供給(最大96W)と映像・データ転送が可
  • ブルーライト軽減モード搭載

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました