祝!イギリスの地下鉄エリザベスラインが開通!地下鉄路線図がカオス

ロンドン生活

イギリスの地下鉄エリザベスライン(Elizabeth Line)の運行がついに2022年5月24日より一部で始まりました。

これまで工事の遅延が生じたり、時には現場から古代異物が出土してしまい発掘調査が必要になったりと、踏んだり蹴ったりな道を歩んできたエリザベスライン。

現在も一部の駅で乗り換えが必要だったりと、完全に開通しているわけではありません。

しかし、エリザベス女王の即位70周年であるプラチナ・ジュビリーの2022年に開通できたことは非常に嬉しいニュースです。工事関係者の皆さま、本当にお疲れさまでした。

なお、大々的にニュースになった2022年5月24日時点で開通したのはパディントン駅(Paddington Station)からロンドン東側に位置するアビーウッド駅(Abbey Wood)までの区間。

ただ、実は、上記以外の区間では既にエリザベスラインとして、エリザベス線仕様の車両が走っていました。そこで、一足先にエリザベスラインに乗ってきましたので新車両をご紹介します。

ロイヤルカラーの紫色で塗装されたカッコ良すぎる新車両

エリザベスラインのテーマカラーは紫色です。エリザベスラインの各駅の看板はもちろん、車両も紫色で塗装されています。

ちなみに何で紫色なの?って不思議に思われる方がいらっしゃるかもしれません。

実は紫色はイギリス王室に限らず、はるか昔から高貴な色、ロイヤルパープルとして扱われていた色です。例えば、エリザベス1世(1558年から1603年)の時代では、イギリスにおいて、王室の近親者以外は紫色のドレスを着用することが許されませんでした。

なぜ、紫色が高貴な色として扱われていたかというと、紫色の塗料が非常に高価だったことが理由です。

エリザベスラインの名に恥じない快適で高機能な車内

実際にエリザベスラインの車内を撮影したのが下の写真です。

ご覧の通り、エリザベスラインの名に恥じない広々とした天井に空調もついた素晴らしく快適な車内になっています。

「日本の地下鉄と同じ広さじゃない!?」というツッコミがあるかもしれませんが、それは日本の地下鉄が新しいからです。

イギリスの地下鉄は世界最古ということもあり、車内が非常に狭いんです。

なぜ狭く作られているかというと、地下鉄の建設が始まった当初は、現在のように広いトンネルを掘ることができず、下の写真のように電車の車両をトンネルの形状に沿って丸い形にしていたためです。

ちなみに、下の写真は2022年6月に撮影したバリバリ現役の車両です。ライトも1列しかなくトンネル内を走っている時は暗さを感じます。

イギリスでは地下鉄のことを”Underground”とも”Tube”と読んでいますが、後者の”Tube”の由来はこのチューブに似たトンネルや車両の形状が由来です。

実際に昔に作られたものはトンネルも丸くなっています。

ロンドンの地下鉄のトンネル

空調がない路線も多いのがイギリスの地下鉄の特徴

実は、イギリスの地下鉄では、未だに冷房がついておらず、夏場にサウナ状態となる蒸し風呂路線も残っています。

こうした冷房がない列車は、代わりに換気用の窓がついています。

ただ、そんなに良い風ではなく、生暖かい風が吹いてくる感じです。しかも駅に止まると風も止まってしまうので、また蒸し暑くなってしまいます。

今の地下鉄の車両は電気駆動ですので問題ないですが、蒸気機関だった時代に窓を開けようものなら、身体中が黒くなってしまいそうです。

実際、初期の頃のロンドン地下鉄は蒸気機関車だったそうです。煙だらけのトンネルの中を通り抜けるなんて、ちょっと信じられません。煙で信号機も見えないほどだったとか。

エリザベスラインは空調もあるし、案内は液晶表示

これだけ古いロンドンの地下鉄だからこそ、エリザベスラインの快適な車内環境には驚嘆せざるを得ません。

エリザベス線の車内を見渡してみると、案内板が液晶画面になっていました。カラフルな液晶でニューな感じが漂います。ロンドンの地下鉄で液晶画面表示なっているのはエリザベスラインだけではないでしょうか。

地下鉄路線図がカオスと思ったけど、日本も同じようなものでした

エリザベスラインの登場に伴い、ロンドンの地下鉄を運営するTfL(Transport for London、ロンドン交通局)より新しい地下鉄路線図が発表されています。

下の公式HPよりダウンロードすることができます。

Tube
Tube Map

エリザベスラインの登場によって、ロンドンの地下鉄マップがさらにカオスな状況になりました。

まぁ、私は、この地下鉄マップを使ったことは1度もなく、毎回、Google Mapのルート検索に頼り切りですが(笑)

「やっぱり世界最古の地下鉄は違うなぁ!」と1人感心していましたが、日本の地下鉄の路線図も見てみると、日本もカオスですね・・・。

どの都市でも人口の密集に伴い地下鉄がカオスになっている状況は同じかもしれません。路線図を見ない私には、これを使いこなせる自信がありません。

エリザベスラインはヒースロー空港からロンドン中心地まで通っているので、観光の際はぜひご利用ください。

今回一部運行となったロンドン地下鉄のエリザベス線ですが、ロンドンの東西を結んでおり、西側はヒースロー空港までつながっています。

日本からイギリスに旅行で来られる方は、ほぼヒースロー空港に到着することになるかと思います。

ヒースロー空港からロンドン市内への移動手段といえば、昔はヒースローエクスプレスが有名でしたが、エリザエスラインでも移動が可能です。

しかも、両路線の時間差はたったの16分です。

  • ヒースローエクスプレス(ヒースロー空港〜パディントン駅):21分
  • エリザベスライン(ヒースロー空港〜パディントン駅):37分

ぜひ、ロンドン観光のついでに話題のエリザベスラインに乗ってみてはいかがでしょうか。

エリザベスライン建設の目的の1つは「郊外からロンドン市内への通勤環境の改善」ですが、今の所、そんなに混んでる感じはしません。

かなり快適な電車の旅ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました