楽天カードの申し込みに免許証は必要?不要です。

楽天カード

楽天カードの申込に免許証は必要ですか?いえ、申込み時は不要です。

申込時は一切の書類の送付が不要です。口座引落も対応している銀行であれば印鑑の押印すら不要です。

ちなみに、楽天カードの申込時に口座振替をインターネットから申し込みしている方はカードを受け取る際の本人確認も不要となります。

楽天カードを申し込む際は免許証も印鑑も不要

楽天カードの申込みをする時は申込みページに従って、住所や年収、勤務先の情報を入力するのみで、免許証や保険証を写メで撮影して送るといった作業は一切ありません

そのまま楽天カードの申込みページに情報を書き込むと勝手に審査が始まって、審査を通過すると楽天から審査が通過した旨の連絡メールが届きます。

あとは楽天カードが勝手に郵送されてくるだけです。

本人確認せずに申し込みができるのは楽天カード受取時に本人確認を行うため

今のご時世、銀行の口座を開設するだけでも様々な本人確認書類が求められます。
これは法律で決まっていて、クレジットカードも本人確認が完了していなければカード会社は使えるようにすることはできません。

にも関わらず、楽天カードは本人確認書類なしで申込みができるのはなぜしょうか?

楽天カードが免許証不要などの本人確認書類無しで申し込みできるのは、クレジットカードを受け取る際に本人確認書類を行うからです。

クレジットカードはあくまでクレジットカード自体が手元に届かないと使うことはできません。なので、クレジットカード会社とすれば、カードを渡す際に本人確認を行っているわけです。

この受取時の本人確認を行うために、楽天カードは簡易書留ではなく本人限定受取郵便という形式で送られてきます

この「本人限定受取郵便」はかなりのクセモノです。このタイプのものは楽天カードを受け取る際に配達員から本人確認書類の提示を求められます

本人確認書類で利用可能なものは、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(写真付き)

であれば1点の提示で済みます。

健康保険証しか持ってない!という人は、健康保険証と学生証(社員証)の2点の提示が求められます。

楽天カード申込時に口座振替も申し込んだ人は受取時の本人確認も不要

実は、楽天カードを受け取る際の本人確認書類も不要とする裏技が存在します。

それは、楽天カードの申込時に口座振替も同時に申し込みをした場合です。

この場合は楽天カードは簡易書留で送られてきます。従って、受け取る人が本人である必要すらありません。

なぜ、このようなことが可能かと言うと、カード会社は口座振替の申込みを通じて、銀行が口座開設時に行った本人確認に依拠することが可能となるためです。

実は、この方法自体は珍しいことではありません。最近流行しているLINE PayやPay Payはそれぞれの独自通貨の状態から円に戻す際に銀行口座に振り込む必要があります。

そのまま、LINE PayやPayPayをATMにかざして現金出金することは許されていません。

なぜなら、LINE PayやPayPayは本人確認を行っていないからです。銀行口座に振り込むことを通じて銀行が行った本人確認に依拠することで、サービスそれ自体の本人確認を省略しているわけです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました