ロンドンの交通機関で多発するストライキを確認する方法一覧

ロンドンの鉄道ストライキの日程を調べる方法イギリスの観光記録

日本では公共交通機関のストライキなんて想像できません。
しかし、ロンドンではストライキが日常茶飯事です。

2022年6月には過去30年間で最大規模の鉄道ストライキが起きました。
また、この記事を書いてる直近の2022年8月でも2週間に1回ぐらいの頻度でストライキが起きています。
今年は特にストライキがひどく、駅が1日閉鎖してしまうことも(泣)

そんなストライキですが、イギリス在住者は毎日ニュースで流れているので困りません。
しかし、旅行者はストライキの日程が分からないと、途方に暮れるはずです。

そこで、ロンドンの地下鉄やバスのストライキが予定されている日程を調べる方法を紹介します。

2022年はイギリスの地下鉄やバスでストライキが多発

イギリスでは2022年に入りインフレ率が2桁近い状況が続いており、労働者による賃上げや労働環境の改善を求めたストライキが多発しています。

もともとイギリスでは数ヶ月おきにストライキがアナウンスされてきました。
しかし、これまでは労働組合と会社側の協議でキャンセルになることが多かったのに対して、最近では決行に至ることが多く、ロンドン市民への影響が出ています。

道路の渋滞は避けられない

例えば、ロンドン地下鉄のストライキが起きた時、バスは通常運行もしくは本数を減らして動かしてくれることが多いです。
反対にバスがストライキを起こした時は、地下鉄が通常運行することが多いです。

ただ、2022年現在では例外も出てきており、地下鉄とバスの両方が同時にストライキに入ることも。

こんな時の道路は混雑ですごいです。タクシーを捕まえるなんて夢のまた夢です。
結果、本来なら30分で行ける距離が2時間以上かかってしまうことも多々起きます。

特にヒースロー空港とロンドン市内の移動は要注意!

鉄道のストライキが起きて一番困るのはヒースロー空港とロンドン市内の移動です。

ロンドン市内からヒースロー空港までの電車での所要時間は1時間です。
電車は乗り換えが必要となることも多く、電車がストライキで停止するとかなり困ります。

大抵の人はタクシーやハイヤーを利用することになりますが、大勢が集中するので予約が取りづらいですし、空港近くの道路も混雑すること間違いなしです。

我が家は6月の過去30年間で最大規模の鉄道ストライキが起きた時にヒースロー空港を利用しました。

ストライキが起きることは分かっていたので事前にハイヤーを頼みましたが、混雑を理由に普段の2倍のスペシャル運賃を請求された上、道路の渋滞を理由にハイヤーが1時間弱も遅れて到着しました(泣)

イギリスの地下鉄やバスのストライキの日程や影響を調べる方法

イギリスに旅行で来られる方は何ヶ月も前から準備をされると思いますので、交通機関のストライキを避けて旅行の計画を立てることは不可能です。

何しろ、イギリスの地下鉄やバスのストライキは数日前から2週間前に突然決行が発表されるから回避不可能です(泣)

旅行中にストライキに遭遇するか否かは運です。
ストライキに遭遇してしまったら運が悪かったと思うしかありません。

ロンドン交通局のストライキのスケジュールを見る

ストライキの日程を確認する方法の1つは、ロンドン交通局の公式サイトを見ることです。
決行が決まる度にページが更新されています。

ロンドン交通局は地下鉄に限らず、バスや一部の近郊鉄道もカバーしています。
旅行の数日前には一度サイトを確認してみることを強くおすすめします。

Strikes
Strike page

この記事を書いてる2022年8月現在、8月28日と8月29日にロンドンバスのストライキが予定されてます。

地図アプリでルート検索してみる

地図アプリはストライキの状況を踏まえた上でのルートを提案してくれます

ロンドンの旅行中は地図アプリを片手に持っていれば、少なくともストライキの状況を踏まえた行動ができるはずです。

試しに8月19日(金)にストライキが予定されていたので、Google Map、Appleの純正マップ、Citymapperで検索してみましたが、いずれもストライキを避けるルートを提案してくれました。

ちなみに、下の画像は使用率が一番高いと思われるGoogle Mapで検索した結果です。
この日は鉄道がストライキで運休となっているため、バスを使ったルートを提案してくれています。

鉄道を使ったルートは「運休」と赤字で表示されていました。

Google Mapでのロンドン地下鉄のストライキの確認画面

アプリ「Citymapper」のストライキ情報が分かりやすい

一番ストライキの情報が見やすかったのはアプリ「Citymapper」です。

Citymapperではルート検索の画面に目立つ形で地下鉄やバスがストライキを予定しているとのアナウンスが表示されていました。

ロンドン地下鉄のストライキが起きた時のcitymapperの画面

詳細を見ると、各日の時間帯毎にストライキの影響が顔文字で表現されています。
他のアプリではこのような顔文字での表現はなく、ロンドンの交通機関のストライキ状況を把握する上で非常に分かりやすいと思いました。

citymapperのストライキ情報

citymapperアプリ

citymapperアプリ

ロンドン在住者に人気のCitymapperです。
ルート検索時に電車の運賃も表示される点も旅行者にとってありがたい機能です。
(Google MapやAppleの純正マップでは運賃は表示されません)

2022年キャッシュレス時代のロンドン地下鉄の乗り方
タッチ決済に対応したクレジットカードやスマホがあればオイスターカードは不要! 英語表現や路線図マップ、乗車料金、アプリ、乗車から降車まで完全解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました