HP M34dレビュー:コスパ最強のウルトラワイドモニター

HP M34D UWQHD 34インチウルトラワイドモニターのレビュー記事生活の小ネタ

HPの34インチ、ウルトラワイドディスプレイ「HP M34d」を買ったのでレビューします。

約5万円と安いにも関わらず、解像度はWQHD(3440×1440)、USB-TypeCによるPower Delivery対応、モニターアームやモニターライトも装着できます。

正直に言って、「HP M34d」はコスパ最強のウルトラワイドモニターと言って過言ではありません。
2022年9月現在もM1 Macbook Airに接続してメインディスプレイとして使っています。
私の中では2022年のベストバイです。

「HP M34d」ウルトラワイドモニターのレビュー

HP社が販売する34インチのウルトラワイドディスプレイ「HP M34D」を買いました。
価格はキャンペーン中で50,600円と曲面ディスプレイの中ではかなりの低価格ですが、価格に見合わないほどのスペックを備えています。

ウルトラワイドディスプレイ「HP M34d」の包装

最初からHDMIケーブルとUSB Type-Cケーブルが付属

HDMIケーブルは当然として、USB Type-Cケーブルが最初から付属していました。
もちろん「Power Delivery(PD給電)」と「画面出力」に対応しています。

従って、別にUSB-TypeCケーブルを購入する必要はありません。
USB-CケーブルってPower Deliveryに対応していなかったり、画像出力に対応していないケーブルもあるので、当たり外れがあるんですよね。

その点、既にこのモニターに最適化されたUSB-Cケーブルが付属しているので助かります。

ウルトラワイドモニター「HP M34d」の付属品

34インチ、湾曲、解像度はWQHD(3440×1440)

モニターサイズは34インチのみです。
DELLやLGの高価格帯ウルトラワイドモニターと同じく曲面ディスプレイです。

そして解像度はWQHD(3440×1440)
他社で4万円を下回るウルトラワイドモニターをよく見かけますが、解像度がフルHD(2560×1080)だったりするのでお気をつけ下さい。

ディスプレイの解像度やサイズに関しては下の記事にまとめましたが、フルHD(2560×1080)のウルトラワイドモニターは、M1 Macbook Airの内蔵Retinaディスプレイの解像度(2560×1600)以下です。絶対に買わないように!

ウルトラワイドモニターを買ったら仕事の効率が爆上がりした
仕事で使うならウルトラワイドモニターがおすすめ! 4Kモニターに浮気した経験を踏まえ、ウルトラワイドモニターを選ぶ時のポイントを紹介します。

ディスプレイの発色はVA/非光沢なので目が疲れない

ディスプレイの発色形式は「VA」と珍しいです。

IPS、VAどちらのディスプレイも持っていますが、まぁ、色の鮮やかさに大差はありません
強いて上げるなら、VAはIPSよりも黒色の表示が得意とされていますが、映画やゲームをする時ぐらいにしか分かりません。

USB Type-C給電対応、M1 Macbook Airも60Wで充電可能

「USB Power Delivery規格」に対応したUSB Type-C給電に対応しています。
5万円の価格帯でUSB-C給電に対応しているウルトラワイドモニターは、この「HP M34D」ぐらいではないでしょうか。

これからウルトラワイドモニターを買うなら絶対にUSB-C給電に対応したディスプレイを購入すべきです。
USB-Cケーブル1本でノートPCへの電源供給、画面出力をこなしてくれます。HDMIケーブルは時代遅れです。

ご参考までに、私のM1 Macbook AirをUSB-Cケーブルで「HP M34D」と接続した所、画面出力と同時に60Wで充電してくれました

M1 Macbook AirをUSB-C給電で接続

最近では96Wの出力に対応したウルトラワイドモニターもあるようです。

ただ、M1 Macbook Airの付属充電器は30Wです。
従って、「HP M34D」の65W出力で困ることは絶対にありません。

スピーカーの音質は微妙、外付け必須

「HP M34D」はモニターにスピーカーが内蔵されています。ただし、内蔵スピーカーの音質は微妙です。
試しに音楽を流してみましたが、重低音が聞こえず、音がパサパサになってしまってます。

内蔵スピーカーは「おまけ程度」と考えておいた方が良さそうです。

モニターアームやモニターライトも装着できました

「HP M34D」はVESA規格に対応(100mm)しており、モニターアームを装着できます。
加えて、QUNTISのモニターライトも装着できました。

ウルトラワイドモニターは机の奥行きが取られますので、奥行きが狭いデスクを使っている方は、モニターアームの利用がおすすめです。

ウルトラワイドモニターにモニターアームとモニターライトを装着した写真

ご参考までに私が使っているモニターアームとライトは下の記事で紹介しています。

ウルトラワイドモニターはモニターアームがおすすめ!
机のスペースが狭い人こそモニターアームをおすすめしたい! ウルトラワイドモニターは、顔とモニターの距離確保のため、机の奥行きが必須です。
おすすめ!Benqモニターライト高いからQuntis買った
ウルトラワイドモニターにQuntis製のモニターライトを付けてます。安いし湾曲モニターにも使えておすすめです。

「HP M34D」ウルトラワイドモニターは直販「HPダイレクト」からのみ

PCメーカーのHPはDELLと同じく直販をメインとしたメーカーです。

Amazonや楽天市場では販売されていない

「HP M34D」はAmazonはもちろん、楽天市場でも販売されていませんでした。
直販サイト「HPダイレクト」からの購入しかできません。

コスト削減の一環でしょうか。

【商品紹介ページ】HP M34D 34インチウルトラワイドモニター

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました