エストニア観光:タリンの旧市街は見どころが満載!

タリンのオールドタウンに関する観光スポット記事のタイトル画像エストニアの観光記録

エストニアのタリンにある世界遺産の旧市街を観光してきました。カラフルな建物がキレイです。

小さいエリアの中に見どころが満載!次々と観光スポットを見回るも、サウナ旅のついで程度に考えてしまっていた私達には全てを見るにはとても時間が足りませんでした。

カラフルな建物と城壁が美しいタリンの「旧市街」

1997年にUNESCO(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されたエストニアの首都であるタリンの「タリン旧市街」。旧市街はバルト海沿岸に面しており、13〜16世紀頃に作られた街の防壁や市庁舎、薬局、教会、修道院、職人ギルドなどの建物が所狭しと建てられています。

カラフルで特徴的なこの街は北ヨーロッパで最も保存状態の良い中世の都市だそうです。

運良く青空の日に訪れることができると、青空とパステルカラーの建物、木々の緑色が見事にマッチして、正直、写真がすごく映えます。

タリンの旧市街、オールドタウン、歴史地区

まずは観光センターで「シティマップ」を手に入れよう!

タリンの旧市街に着いたら、まずは観光センター(Tallinn Tourist Information Centre)でシティマップを手に入れるのがおすすめです。

タリン歴史地区のマップと観光スポット(+簡単な解説)が纏められており、観光スポットを探すのが非常に楽になります。しかも、エストニア語や英語だけでなく「日本語版」があります!!!

よく、インターネットで「タリンの旧市街地での必見観光スポット10選!」とか「タリン歴史地区で見るべき場所8選はこちら!」みたいな記事をよく見かけますが、このマップは50箇所近くの観光スポットが簡潔に纏められており、正直に申し上げて「最強の観光ガイド」です。

観光センター(Tallinn Tourist Information Centre)で手に入るシティマップ(日本語版)

そんな「最強のタリン旧市街の観光ガイド」ですが、残念ながらネットでの閲覧はできません。足りん旧市街にある観光センターで入手する必要があります。

旧市街についたら、まずは観光センター(Tallinn Tourist Information Centre)を目指すことをおすすめします。

タリンの観光センター(Tallinn Tourist Information Centre)

タリンの観光センター

観光スポットをいくつかご紹介

いくつか観光スポットをご紹介します。(単に私のスマホに残っていた写真を紹介してるだけ笑)

オールドタウンの入り口「ヴィル門」

タリンの旧市街(オールドタウン)の入り口です。門の前には生花店やバー、レストラン等が立ち並び、恐らく旧市街で一番賑やかな場所です。

左右に並び立つ双子のような塔を見ると、まるでおとぎ話しの国に入ったような感覚になります。

オールドタウンの入り口「ヴィル門」の写真

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

オールドタウンの丘の上にそびえ立つ、1900年に設立されたロシア正教会の教会です。玉ねぎ上のドームだったりと、いかにもロシア正教会っぽい建物だと思います。

もちろん内部も見学できますが、写真撮影は禁止です。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の外観

トームペア城(エストニアの国会議事堂)

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の反対側にはトーンペア城があります。トーンペア城は歴史的な権力の座となっており、現在は国会の所在地になっています。

トームペア城

聖オラフ教会

当初159メートルの高さを誇る塔がそびえ立つこの教会は、かつて世界で最も高い建築物であったとされています。現在では124メートルの高さになってしまいましたが、それでも旧市街の中では十分な高さを誇っています。

なお、有料となってしまいますが、4月〜10月の間は塔に登ることができます。但し、私が訪れた2022年6月時点では、現金のみ受付とのことだったので、お気をつけください。

エストニアは日本以上にIT化が進んだ国で大部分がキャッシュレス決済に対応しています。今回の旅行で現金のみだったのはここの塔だけです。

聖オラフ教会の外観

番外編:カフェ・おやつスポット

私がタリンの旧市街を訪れた際に行ったカフェをご紹介します。

Cafe Maiasmokk

1864年にオープンしたエストニアで最も古いカフェです。午後のティータイムに利用してみてはどうでしょうか。私達は、お昼ごはんもここで頂きましたが、雰囲気のとても良いカフェでした。

何度も改装していると思いますが、それでも天井の装飾など、歴史を感じさせてくれるカフェです。公式HPから予約もできるようです。ただ、私達が訪れたのは土曜日でしたが、予約が必要なほどの混雑はありませんでした。

タリンの「Cafe Maiasmokk」の内装の写真

Gelato Ladies

地元で評判のジェラート屋さんです。私達は旧市街内にある超ラグジュアリーなスパ・サウナ施設である「Kalev Spa」の帰りに水分補給がてら寄りました。

エストニアのタリンにあるオススメのサウナ「KALEV SPA」
エストニアのタリンにある「大人の楽園」とでも言うべき超ラグジュアリーなサウナ「KALEV SPA」に行ってきました。 「KALEV SPA」はウォーターパークになっていて、ウォータースライダーとか流れるプールがあるんですが、それとは別...

スッキリとしたアイスと飲み物で美味しかったです。

タリンの旧市街地にあるジェラート屋さん「gelato ladies」の外観

ジェラート屋さん「gelato ladies」で注文したアイスと飲み物

終わりに:ヨーロッパの美しい街並みが凝縮されたオールドタウン!

タリンの旧市街はヨーロッパの美しい街並みが凝縮されたオールドタウンです。ここでは観光スポットのほんの一部しかご紹介できていませんし、全てを見るとなると、とても1日では見終わりません。

それだけの観光施設が歩けばすぐに一回りできるサイズの街に凝縮されています。ぜひ、エストニアのタリンを訪れた際は、旧市街も訪れてみることをおすすめします。

なお、このブログは「サウナブログ」でもありますので、サウナ大国であるエストニアのサウナも観光の候補として強くオススメします!

サウナ大国エストニア!タリンのおすすめサウナ往訪記!
こちらのページは、エストニアのタリンにおける私達のおすすめサウナの開拓記録です。 サウナといえばフィンランドを想像される方が多いですが、エストニアもフィンランドに匹敵するサウナ大国です。 首都のタリンはフィンランドのヘルシンキか...

コメント

タイトルとURLをコピーしました