ヘルシンキの電車の乗り方、チケットの買い方、空港アクセス

フィンランドの観光記録

「フィンランドに行くけど電車の乗り方が分からない」
「空港からヘルシンキ市内への移動の仕方は?」
「電車の乗車券はどうやって買えば良いの?」

この記事は、初めてフィンランドのヘルシンキを訪れる方に向けて電車の乗り方等を紹介しています。

電車やバスは世界中で走っていますが、国によってルールやチケットの買い方が異なるため、初めてヘルシンキを訪れる場合は不安になる人も多いはず!

そこで、ヘルシンキ市内における電車の乗り方やチケットの買い方ヘルシンキ国際空港からヘルシンキ市内への移動方法について解説してきます。

なお、本記事はヘルシンキ近郊(ヘルシンキ国際空港を含む)エリアでの移動を対象としています。
例えば、ヘルシンキからラップランド地方に移動するといった長距離移動はカバーしていません。
ご了承下さい。

ヘルシンキ交通局(HSL)が電車、トラム(路面電車)、バスを一括管理

フィンランドのヘルシンキ近郊における、電車、トラム(路面電車)、バスは全てヘルシンキ交通局(HSL)が一括して運営しています。日本のように運営会社が別れていないため、チケットは共通です。

日本ではバスや電車はもちろん、同じ電車でもJRや私鉄によって取扱が異なります。
この点、フィンランドのヘルシンキでは運営会社が同じであるため、旅行者にとっては非常に楽です。

フィンランドでは改札がない!

日本から来た人が一番慌てるのが「フィンランドでは電車の駅に改札がないこと」です。
これ頭では分かっていても実際に改札がない駅のプラットホームを見ると驚きます。

改札がないということは、駅の出入口(改札口)がないということです。
従って、下の写真のように、駅のプラットホームから直接道路に出ることができます。

なお、「改札がない=無料で電車に乗れる」わけではないのでご注意ください。

電車に乗る場合は、切符の購入が必要です。
フィンランドでは、職員が電車に乗り込んで有効なチケットを持っているかの「検札」が定期的に行われています有効なチケットを持っていない場合は罰金が課せられるので必ず乗車券を購入しましょう。

ヘルシンキ市内の駅のプラットホーム

ヘルシンキは市内の至るところで路面電車が走っている!

フィンランドのヘルシンキを訪れると路面電車の多さに驚かれると思います。
市内は路面電車の線路が張り巡らされており、観光の際は路面電車を使う機会が非常に多いです。

この路面電車もヘルシンキ交通局(HSL)のチケットで利用できます

なお、電車と同様に乗る際にチケットを見せる必要はありません。
あくまで臨時の検札で求められたときにだけチケットを見せれば大丈夫です。

また、全ての駅に停止するわけではないので、日本の路面バスと同様に目的の駅に近づいたら「ストップ(STOP)」ボタンを押すようにしてください。

ヘルシンキ市内を走るトラム(路面電車)

電車のルート検索はGoogle Mapで十分

フィンランドのヘルシンキ市内におけるルート検索はGoogle Mapで十分です。

観光スポットの場所や最寄り駅の情報が正確に入手できます。
私は3泊4日でフィンランドのヘルシンキとエストニアを訪れましたが、Google Mapで十分でした。

Google Map

ヘルシンキ近郊をゾーンに分けてゾーン間の移動でチケット代が決まる

日本では駅から駅への移動距離、駅毎に電車料金が決まっています
一方で、ヘルシンキでは近郊をAからDのゾーンに分けて、ゾーン間の移動で電車料金が決まります

具体的には下のようになっています。

  • ゾーンA、Bへの移動:シングルチケット(説明後述)で2.80ユーロ
  • ゾーンA、B、C間の移動:シングルチケットで4.10ユーロ
  • ゾーンB、C間の移動:シングルチケットで2.80ユーロ

自分が目指す駅がどのゾーンに入るのかはヘルシンキ交通局(HSL)のサイトで調べられます。
駅の名前で検索すると駅名の横に青色で「A」とか「B」といったゾーンが表示されます

ヘルシンキ市内ならゾーンA、Bのチケット、空港まで行くならゾーンAからCのチケット

フィンランドのヘルシンキにある観光スポットの大部分はゾーン「A」です。

従って、基本的には「ゾーンA、Bのチケット」で十分です。
但し、ヘルシンキ国際空港はゾーンCに属していますので、空港に行く場合は「ゾーンA、B、Cのチケット」を購入する必要があります。

  • ヘルシンキ国際空港(ヴァンター空港) → ゾーンC
  • ヘルシンキ中央駅 → ゾーンA
  • 市内のフェリーターミナル → ゾーンA

ヘルシンキ近郊のゾーンマップ(電車料金の説明)

電車のチケットは「(Single tickets)シングルチケット」と「(Day tickets)デイチケット」の2種類

この後に説明するアプリでも駅の券売機の購入でもチケットは2種類あります。

  • Single tickets(シングルチケット)・・・80分〜110分の間だけ乗り放題
  • Day tickets(デイチケット)・・・24時間乗り放題

2022年9月時点のゾーンA、B区間における両者の料金は以下の通りです。

  • Single tickets(シングルチケット)・・・2.8ユーロ
  • Day tickets(デイチケット、1日分)・・・8.0ユーロ

このチケットでバス、電車、トラム(路面電車)いずれも乗り放題となります。
フィンランドのヘルシンキでは至る所でトラムが走っていますので、購入するならDay tickets(デイチケット)がおすすめです。

なお、Day tickets(デイチケット)は「その日使えるチケット」ではなくて「購入してから24時間有効なチケット」です。私は「その日だけ使えるチケット」だと勘違いしてしまい、購入するタイミングを誤りました。

1泊2日の旅行であれば1日分のDay Ticketsで済む場合もありますので、お気をつけください。

電車の子ども料金は17歳までで大人の半額になる!

日本では5歳までが子供料金になっている交通機関が多いかと思います。
これに対して、ヘルシンキ交通局(HSL)では、17歳まで子ども料金で電車やバスに乗ることができます

子どもは大人料金の半額です。
家族連れで旅行される際はぜひ活用しましょう!

なお、7歳未満の子どもはチケットの購入不要となっていて、無料で乗ることができます。
但し、検札の際に年齢確認をされることがあるため、パスポート等の年齢が確認できる書類を持参することをおすすめします。

ヘルシンキ交通局(HSL)での電車のチケットの買い方

フィンランドのヘルシンキにおいて電車のチケットは、①アプリから購入する方法②駅にある券売機で購入する方法の2パターンがあります。

電車のチケットをアプリから購入する方法

おすすめはアプリからの購入です。
下のリンクよりアプリをダウンロードできます。

アプリから購入するとチケットの情報とQRコードが表示されます。
仮に駅員から検札時にチケットの提示を求められた時は、こちらの画面を見せれば大丈夫です。
同じ画面にチケットの有効期間も表示されています。

チケットは電車やトラムに乗る前に購入する必要があります。
電車やトラムに乗ってからチケットを購入することは禁止されています。

HSLのアプリで電車のチケット購入した場合のチケット画面

電車のチケットを駅の券売機で購入する方法

次に、駅の券売機から購入する方法をご紹介します。

ヘルシンキでは、電車の駅でも路面電車(トラム)の駅でもチケットの券売機が用意されています。
必要に応じて購入してください。なお、こちらの券売機はキャッシュレス決済にも対応しています。

また、言語を英語に切り替えることもできるので購入で迷うことはないと思います。

ヘルシンキ交通局(HSL)の電車チケットの券売機

電車を使った空港からヘルシンキ市内までの行き方、交通アクセス

フィンランドのヘルシンキを旅行される方は、まず「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」に着く方が大半だと思います。
ここでは、空港からヘルシンキ市内にあるヘルシンキ中央駅までの行き方についてご紹介します。

Google Mapのルート案内リンク

空港についたら「Train」の案内板に従って進みます。
するとあっという間に駅のプラットホームに出ます。もちろん、改札はありません。

ヘルシンキ空港の最寄駅のプラットホーム

出発地点(空港)と到着地点(ヘルシンキ市内)の駅が属するゾーンは以下のとおりです。

ヘルシンキコク国際空港駅はゾーンCに属しますので、チケットは「A,B,C」区間のものを購入してください。アプリからでも構いませんし、駅のホームにも券売機があります。

  • Lentoasema(ヘルシンキ国際空港駅)・・・ゾーンC
  • Helsingin päärautatieasema(ヘルシンキ中央駅)・・・ゾーンA

終わりに:日本も改札をなくしても良いのではないか

日本にいた時は、駅に近づく度に「あれ?Suicaやパスもはどこかな?」とか「改札口を通るためにスマホを用意しなくちゃ」なんてバタバタしていました。

しかし、フィンランドでは改札がないので、Suicaを用意する必要も切符を手に保つ必要もありません。もちろん、改札口が混雑することもありません。

些細なことですが、改札がないことが、こんなにも快適なことだとは思いませんでした。1日チケットを購入していれば、チケットの有効時間すら気にする必要がありません。

日本は改札機におけるSuicaやパスモの導入から始まり、今はクレジットカーでのタッチ決済にも対応させるなど、改札機の高度化・高速化を図っています。

しかし、改札機というのは1機あたり相応の設置費用が発生します。しかも大きな荷物を持っていると改札が通れなくなったりもします。

フィンランドで改札なしの交通機関を利用して「改札なんていらないんじゃないの?」と思ってしまいました。それだけ便利です。

【旅行記】フィンランドとエストニアの3泊4日サウナ旅!前編!
フィンランドのヘルシンキとエストニアのタリンへ3泊4日のサウナ旅に行ってきました! 合計で7軒のサウナを楽しむだけでなく、ヘルシンキとタリンの観光スポットも巡ることができて、濃密な4日間となりました。 サウナ目的でヘルシンキを訪...

コメント

タイトルとURLをコピーしました