ブラウンのボディグルーマーを使ってみました

ブラウンのボディトリマーがおすすめ世界のサウナ

ブラウンのボディグルーマー「ボディ&フェイスグルーマー XT5200 PRO X」を使って、人生初のムダ毛処理をしました。

値段が1万円弱と高い買い物でしたが、購入して正解でした!
胸毛から足のスネ毛、デリケートゾーン(VIO)の毛も楽々剃ることができ、スッキリしました。

ブラウンのボディグルーマーでムダ毛処理をした理由

ヨーロッパのサウナ施設に行くためにボディグルーマーで全身のムダ毛を剃ってやりました。

欧米では男女関係なくムダ毛を剃る人が多く、特にドイツやオランダのサウナ施設では、スネ毛や胸毛、デリケートゾーン(VIO)の毛も完全に剃っている人が多いです。

しかも男女混浴かつ水着着用禁止の施設が多いので、剃っていないと悪い意味で目立ってしまいます。

ドイツにあるサウナのワンダーランド「ホルステンテルメ」
ドイツのサウナでおすすめしたいのがハンブルクにある「ホルステンテルメ」。 宿泊施設が付いており、ゆっくりとサウナを楽しむことができます。
オランダの裸混浴サウナ施設「テルメン ブッスロー」が凄い
オランダのサウナ施設「Thermen Bussloo」に行ってきました。 裸の混浴で水着着不可のサウナですが、楽園でした。

今回、ドイツのサウナ施設へ行くにあたり、ムダ毛を処理すべく評判の良かったブラウンのボディグルーマーを購入しました。

ブラウンのボディグルーマーを使ってみた感想(私の口コミ)

今回は「ブラウンのボディ&フェイスグルーマー XT5200 PRO X」を購入して使いましたので、初めてボディグルーマーを使ってみた感想を紹介したいと思います。

ちなみにこの商品に決めた理由は、人生で初めてのムダ毛処理だったので、既にひげ剃り、シェーバーとして評判の高いメーカーが良いと思ったからです。

また、2022年2月と新しい製品であったことや、「デリケートゾーン(VIO)のムダ毛処理」をアピールしていたこと、「アマゾンでの口コミが高評価だった」点も私が購入に踏み切った理由です。

特に「肌にやさしい。振動する刃が直接肌に触れないボディ トリマー」という記載があったこと!

何しろ、私にとって人生初めてのムダ毛処理です!
デリケートゾーンに刃を近づけるとか怖すぎます!!
この謳い文句が決め手でした(笑)

ブラウンのメンズボディトリマー、XT5200 PRO

ボディグルーマーは肌を守るアタッチメントの使い方が大切

今回初めて知ったんですが、下の写真の部品を「アタッチメント」と言うらしいです。
これをボディトリマーの刃に付けて使うことで、一定の長さを保つだけでなく、肌を傷つけずに済みます。

ブラウンのメンズトリマーXT5200 PRO Xのアタッチメント

今回購入したブラウンのボディグルーマーには、4種類のアタッチメントが付属してました。
ぶっちゃけ、私は「0mm」と「1mm」しか使ってませんけどね(笑)

  • 0mm
  • 1mm
  • 3mm
  • 5mm

下の写真は、実際にボディトリマーに長さ0mmのアタッチメントを取り付けてみた様子です。
ほんの少しですが、刃と肌にスペースを作ってくれるので肌が傷つきにくくなります。

私はアタッチメントを付けてみて、ちょっと安心しました(怖がりすぎ!)

ボディトリマーに0mmのアタッチメントを装着した写真

抵抗感がなく、チクチクせずに剃れる

実際にブラウンのボディグルーマーを使って驚いたのが、「全く抵抗感がなく、肌の上を滑るように剃ることができる」ことです。ひげ剃りよりも更に軽い力でスーッっと剃ることができました。

なお、1回では剃り残しが生じるため、何度か往復する必要がありました。
しかし、T字カミソリと同様に刃が前後にあるので、押しても引いても剃ることができます。
数回往復させると大分綺麗になりました。

ブラウンのボディグルーマーで剃る前と剃った後

少し剃り残しがあったので最後の仕上げにカミソリを使いました

上の写真からは分かりにくいですが、実は、少し剃り残しができました。
ボディグルーマーだけで完全にツルツルに剃ることは難しそうです。

事実、どのブランドのボディグルーマーでも「ツルツルに剃ることができなかった」という口コミが見られます。

そこで、「最初にボディトリマーで毛を薄くして、最後に100円の剃刀で仕上げをする」のがおすすめです!

最初から剃刀でやろうとすると刃に毛が絡まってしまいます。

しかし、ボディトリマーで無駄毛を減らした後なら、剃刀で楽にツルツルに剃れました
というわけで、ボディトリマーのオススメの使い方は下の順序です。

  1. ボディトリマーで無駄毛を短くする、減らす
  2. 剃刀で残った毛を剃って、ツルツルに仕上げる

デリケートゾーン(VIO)、金玉の毛も安全に剃ることができました

多くの方が気にされるであろう、男性のデリケートゾーン(VIO)のムダ毛処理についてです。

スネ毛や胸毛、脇毛はスムーズに剃ることができましたが、デリケートゾーンは恐怖を感じました。
結局、私はボディトリマーに3mmのアタッチメントを装着して、なるべく皮が弛まないように皮を引っ張りつつ、そっと剃りました

3mmのアタッチメントを付けているので、完璧には剃れないものの、大分短くすることができました。

今回、ボディトリマーを購入した一番の理由はデリケートゾーン(VIO)のムダ毛処理でした。
これは剃刀では怖くてとても剃ることができません。

ブラウンのボディトリマーを使うことで無事に傷つけずに剃れたので目的は達成できました。

終わりに:小型で持ち運びも楽

ブラウンのボディグルーマーを購入して3ヶ月が経過しました。

改めて、良い点を挙げると「コンパクトで持ち運びがしやすい」ことが挙げられます。
海外旅行に行く際の荷物はなるべく減らしたいですよね。

この点、ブラウンの「ボディトリマー XT5200 PRO-X」は大分コンパクトになっていて軽いので、荷物がかさ張らずに助かりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました