楽天ブラックカードの国際ブランドはマスターカードで決まり!

楽天サービス

楽天ブラックカードのブランドは「VISA」、「マスターカード」「JCB」、「American Express(AMEX)」の4ブランドで展開されています。

この4つの国際ブランドの中で私がオススメしたいのは「マスターカード」です。

もちろん私もマスターカードブランドの楽天ブラックカードを保有しています。

私がマスターカードを一押しする理由

理由1:各ブランドで年会費は同じ

楽天ブラックカードの年会費は国際ブランドに関係なく、年会費33,000円(消費税込)です。

VISA、マスターカード、JCB、American Expressのどれでも年会費は同じです。

従って、年会費の観点から各ブランド間に優劣はありません。

理由2:マスターカードは世界第2位のブランド

マスターカードの世界シェアは第2位です。
ちなみに世界シェアNo1はVisaですが、後述の理由でVisaよりもマスターカードを推しています。

楽天ブラックカードは十分にメインカードとして使えるクレジットカードです。
それどころか、楽天プレミアムカードもメインカードとして使えます。

メインカードとして使う際に重要なことは、「JCB」と「American Express」は使えないお店も多いということです。

世界的にシェアが高いクレジットカードを選んだほうが、普段使いができてオススメです。

理由3:マスターカード限定「Taste of Premium」サービスが使える

私が国際ブランドで「マスターカード」を選んだ理由はこれです。

楽天ブラックカードの国際ブランドで「マスターカード」を選択すると、「Taste of Premiumダイニング」サービスが使えます

楽天ブラックカードのHPでは、あまりアピールされていませんが、楽天ブラックカードでマスターカードを選択すると使える隠れたサービスの1つです。

全国約200店のレストランを2名以上で利用すると1名分が無料!

マスターカードの「Taste of Premium」はホテルを特別価格で手配できるサービスやゴルフコースの予約、手荷物の無料宅配サービスが含まれています。

こうしたブラックカードのサービスの中で一番使用頻度が多いのが「Taste of Premiumダイニング」です。全国約200のレストランで1名様分のコース料理代が無料となります。

掲載されてるレストランもコース料理が一万円のものから15000円以上のものまで高級料理店がズラリと並んでいます。

半年間で1度ずつ1名様分のコース料理が無料

半年間ごとに全掲載レストランで1度ずつ優待サービスを利用することができます

言い換えると、半年間、利用するお店が重複しなければ、何回でも利用できます

昔は1月に1回〜2回しか利用できなかったのですが、最近条件が緩和されました。

楽天ブラックカードはブラックカードの中で一番取得しやすい

楽天ブラックカードは数あるブラックカードの中でも一番取得しやすいブラックカードです。

私は、楽天カードを初めて取得してから1年後に楽天ブラックカードのインビテーションを受取りました。

【最短】1年で楽天ブラックカードのインビテーションを取得した
2022年更新。ブラックカードを狙うなら、まずは楽天ブラックカードから始めてはどうでしょうか。私は楽天プレミアムカードを申し込んでたった1年でインビテーション(招待状)が届きました。短期間で取得できますし、驚異のポイントの高還元率、安い年会費。本当にオススメです。
楽天プレミアムカードを5年使って分かったメリット・デメリット
楽天プレミアムカードを2017年に申し込み、2022年で5年が経過。 使って分かったメリット・デメリットを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました