AmazonGWセール:ウルトラワイドモニターが安い!

2023年4月のアマゾンタイムセールにおけるウルトラワイドモニターのセール状況作業環境

[PR]記事内に広告を含む場合があります

Amazonゴールデンウィーク・セールは2023年4月22日から4月25日(火)23時59分まで開催中です。

ここでは、ウルトラワイドモニターのセール商品を紹介していきます。

  • アマゾンのGWセールが4月25日(火)23時59分まで開催中!
  • ウルトラワイドモニターは1万円〜2万円近くの割引価格で販売中!
  • Amazonのセール中はPCモニターの売り切れが多いので買うならお早めに!

ウルトラワイドモニターの選び方

画面が横にぐっと伸びて作業しやすいウルトラワイドモニター。

これまで複数のウルトラワイドモニターを使ってきた私の実体験から、購入する際の選び方のポイントを紹介します。このポイントさえ注意していれば、どのウルトラワイドモニターを選んでも大差ありません。

ウルトラワイドモニターを購入するときのポイント
ウルトラワイドモニターの選び方

詳しいウルトラワイドモニターの買い方のポイントは下の記事をご覧ください。

Amazon GWセールで安いウルトラワイドモニター

2023年4月23日(日)時点で確認したウルトラワイドモニターのセール商品を紹介します。

Amazon限定!LG ゲーミングモニター Ultra Gear 34インチ

  • 液晶サイズ:34インチ、曲面ディスプレイ
  • 液晶方式:VA方式
  • 解像度:WQHD(3440×1440ピクセル)
  • リフレッシュレート:最大160Hz
  • 応答速度:1ms

液晶パネルの最大手であるLGのゲーミングモニターです。

VA方式なので黒色の発色がきれいです。したがって、FPSのようなゲームでも暗い場所が良く表現されます。

リフレッシュレート、応答速度ともに問題なし!
ゲームから仕事、映画までオールマイティーに使うことができるウルトラワイドモニターです。

HKCゲーミングモニター 34インチ

  • 液晶サイズ:34インチ、曲面ディスプレイ
  • 液晶方式:VAパネル
  • 解像度:WQHD(3440×1440ピクセル)
  • リフレッシュレート:最大144Hz
  • 応答速度:1ms

3万円台まで安くなってるウルトラワイドモニター。しかもリフレッシュレートが144Hzなのでゲームプレイにも最適。

アマゾンの最近のセールの中でも特に今回の新生活FINALセールでは大特価になっています。

MSI Optixウルトラワイドモニター VA湾曲パネル

  • 液晶サイズ:34インチ、曲面ディスプレイ
  • 液晶方式:VA方式
  • 解像度:WQHD(3440×1440ピクセル)
  • リフレッシュレート:最大144Hz
  • 応答速度:1ms

こちらのウルトラワイドモニターはスピーカーが内蔵されていないので要注意。

だけど、普通はPCモニターに内蔵されているスピーカーなんて音質悪くて使わないので問題なし!

素晴らしいゲーミングモニターだと思います。

PIXIO 34インチ湾曲 ゲーミングモニター ウルトラワイド

  • 液晶サイズ:34インチ、曲面ディスプレイ
  • 液晶方式:VA方式、非光沢
  • 解像度:WQHD(3440×1440ピクセル)
  • リフレッシュレート:最大144Hz
  • 応答速度:1ms

前回開催されたAmazon新生活セールから登場しているウルトラワイドモニターです。

解像度はWQHD(3440×1440ピクセル)。
ゲームだけでなく仕事などのマルチタスク作業にも適したウルトラワイドモニターです。

そして一番すごいのはUSB-C接続に対応している点。

65Wの電源供給に対応しているため、ノートPCへの充電と映像出力をケーブル1本で実現できます。

PIXIO 34インチ湾曲 ゲーミングモニター ウルトラワイド

  • 液晶サイズ:34インチ、曲面ディスプレイ
  • 液晶方式:VA方式、非光沢
  • 解像度:WQHD(3440×1440ピクセル)
  • リフレッシュレート:最大144Hz
  • 応答速度:1ms

今回のAmazon新生活セールで初登場のウルトラワイドモニターです。

解像度はWQHD(3440×1440ピクセル)。
ゲームだけでなく仕事などのマルチタスク作業にも適したウルトラワイドモニターです。

そして一番すごいのはUSB-C接続に対応している点。

65Wの電源供給に対応しているため、ノートPCへの充電と映像出力をケーブル1本で実現できます

机の奥行きが狭いならモニターアームがおすすめ

ウルトラワイドモニターは本当に横幅が広いです。

奥行きが狭いデスクで使うと、画面と目の距離が近すぎて、目が疲れます。

そのため、モニターアームを組み合わせて使うことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました